11月 2021アーカイブ

ちょい旅 神楽坂

都内の街歩きも楽しいですよね。神楽坂は、それほど派手ではないですが、古い東京の山の手の街の雰囲気が残っているところです。

JR飯田橋の西口から出てると、視界が開け気持ちの良く視界が抜けます。ここ飯田橋駅は、外堀り沿いの江戸城側に位置しているため、外堀の外側に向かって視界が開けているのかもしれません。

水面は江戸城の外堀

神楽坂は、駅を出て右側に向かうと、堀のレベルまで下がり、北に登ると坂道が神楽坂になります。振り返って飯田橋駅駅を見ると、高い壁のようなビルが建っていますが、これは、外堀を埋めてできたビル「ラムラ」になります。

さて、外堀通りを渡って、まもなく上り坂になります。休日(勤労感謝の日)なので歩行者天国になってました。

右手に甘味処「紀の善」を見て坂を登ると、賑やかな店が続きます。店頭にも商品が並んだ陶器屋に目が止まります。

坂道にある店って風情を感じます、

時間はもう午後1時を過ぎているので、この先の街歩きに備えて、お昼にします。メインの神楽坂から進行方向を左に曲がり、歩いていると、出汁のいい香り、香りと看板を頼りに狭く、階段のある路地を登ると、坂道の途中に「鳥茶屋別邸」。趣のある入り口から中を覗くと、意外に広い。丁度満席のようでしたが、ゆったりとした待合スペースで待つこと5分、カウンターに案内していただく。

今日は、勤労感謝の日、普段勤労している自分に感謝を込めてビールを注文。話はそれますが、勤労感謝の日って、何に感謝するのでしょうか?勤労している人にですか、それとも勤労そのものにですか?いつか、わかる日が来るでしょうが、ひとまずビールです。

さて、何を食べようか?ここのおすすめは、うどんすき、とのことですが、うどんすきは、未経験なので、親子御膳、1560円にしてみました。

親子丼、美味しかったです。出汁が効いていて玉子もトロッと柔らかく優しい感じでした。付け合せのタラの煮物と大根もしっかり出汁が効いています。

しっかり食べて、ビールもいただき、心とお腹の満腹感を感じながら神楽坂のメインストリートに戻ります。

少し坂道を登ると、左手に毘沙門天現れてきます。ちなみに神楽坂界隈は、夏目漱石が、生まれ育ったあたりで、かの坊っちゃんにも、毘沙門天の縁日で坊っちゃんが釣りをしたという話がが出てきます。

毘沙門天とは、このお寺善國寺(ぜんこくじ)に祀られている神様のことで、江戸の3大毘沙門天の一つであり、新宿山ノ手七福神の一つだそうで、とにかく、有名なお寺です。

そして、更に進み、右手に少し入ると、今度は赤城神社(あかぎじんじゃ)が現れます。神社というと、古い木造の建物などを想像しますが、こちらは、鉄とガラスとコンクリート製です。しかも、かなりシャープなデザイン。設計者は隈研吾さん。

鳥居をくぐると、まずは、手水舎(ちょうずしゃ)。柱が二本の、鉄骨造でシンプルにデザインされています。

鳥居と拝殿の間には、フリーマーケットが行われていて、とても進歩的な神社です。

階段を上がると、小高い丘のように視界が開け、左側に舞台、正面に拝殿、右側には共同住宅が配置されています。

それぞれのデザインは、拝殿と舞台の形態は日本の神社の形態ですが、素材は、鉄とガラスと木を使っていて隈研吾さんらしい現代の素材で伝統的な空間をつくる隈研吾さんらしい世界となっています。右手の共同住宅は5階建てで、定期借家で販売しているとのことです。

こういった事業のスキームについては、三井不動産が、事業計画を建てているようですね。素晴らしい仕事だと思います。

もう少し先の、やはり隈研吾さん設計の「ラカグ」へ向かいました。元々は新潮社の倉庫を2014年にリフォームして、雑貨や家具、本などを扱う商業施設として賑わっていました。2019年に「アコメヤ」に業態変化しています。

建物は、2014にリフォームしたまま、交差点から木デッキでつながるアプローチと、スレートの外壁からなる建物はそのままです。

神楽坂は、都心の商店街ながら、大手の店舗よりも地場の店が存在感を示す魅力的な街です。こういった商店街を守るためには、地元の商店街の方々の努力があったことと思います。ここの商店街は、商店街としてビル建て、そのビルの最上階に事務所を構えています。

このビルの最上階が神楽坂通り商店会の事務所

盛りだくさんの神楽坂。個性的な店がたくさんあります。

甘味処紀の善
五十番、ここの角煮肉まん食べたかった

帰りは、大江戸線の飯田橋駅から帰りました。ここは、渡辺誠さん設計。できた当時は、脱構築主義と言われた表現手法だったような、デコン(デ・コンストラクション)とも言われていたような記憶があります。今となっては、そういう事もあったなと懐かしいです。

2021.11.23

10000歩 5時間

かなや設計 環境建築家 金谷直政

ちょい旅 ジョンソンタウン

秋というよりも冬の入り口の休日、前から見てみたいと思っていたジョンソンタウンに行ってみました。

ジョンソンタウンとは、旧米軍ジョンソン基地にあった住宅をそのまま残して賃貸住宅にしている街です。

同じ形の平屋の木造住宅が多く残る地域で、外壁は下見板張りに白っぽいペンキを塗ったものがオリジナルかと思いますが、比較的新しい建材を使って下見板張り風にしている建物もみられます。

平屋の切り妻屋根の外観で連続性を出し統一感を持たせているものや、下見板を使うことで調和を持たせているものなど、外観にはある程度、意匠上の幅はありますが、イメージとしては、アメリカの郊外に建つ庶民の家という感じが、とても懐かしくもあり、心地よいです。

住宅として使われている建物がある一方、かなりの建物が、雑貨屋、アクセサリーショップ、家具屋、古本屋、セレクトショップ、エスニック料理、ハワイ料理、バーなど、アメリカっぽい(?)イメージの店がいくつも営業しています。中には餃子屋や、カレー屋、中華雑貨などアジアンな店もありました。地図を載せてます。番号が付いているところが店舗のようです。

どんなだろう?という、はやる気持ちを抑え、まずは、地図で全体像を頭に入れ、町の規模感をつかんでまち歩き開始します。目に心地よく映る景色は、やはり、同じような外観の平屋のシルエット。屋根の勾配が揃っていて、軒も低いため親しみを感じます。

単純な平屋の外観にも関わらず、豊かな感じを受けるのは、たぶん、バルコニーなどの室内と屋外の中間的なスペースが通りに向けて用意されているからなのでしょう。こういうトコロに住人達が思い思いに、緑や家具を置くと、街並みに一気に表情が出てきます。建物を使っている人の性格や人柄が伝わってくるから不思議ですね。

センス良く手入れされているバルコニー、どんな人が住んでいるのだろう?

例えば、植えている植物一つとっても、鮮やかな花の色や、大柄な葉っぱの雰囲気になんだかアメリカンを感じます。これが東京の下町であれば、小さな花や野草のような緑を愛でていていて和のテイストになってきます。

軒先を飾る緑を通して、建物に住む人の性格があらわれる気がします。

さて、建物一つ一つの表情もさることながら、ここが魅力的な理由の一つは、塀がないことではないでしょうか?塀がないことで、家と家の間が単なる家のスキマではなく、通り抜けの空間になってきます。通り抜けの空間になることで、裏とか表とかがなくなり、裏も表も手入れされた街の一部になってきます。

↑建物と建物のスキマにわずかな歩行スペースがあります。ほんと人が1人やっと歩くくらいの幅しかないですが、楽しげな歩行空間になっています。もう少し近づいてみると、ちょっとした置物などがあり、楽しげな雰囲気を感じます。

サボテンから水が流れる楽しい置物が路地に誘う!

建物と建物の間のスキマ。こう言う場所が面白い!道路に面する側は、その家の正面、外向きの顔ですが、建物と建物のスキマは、正面とは違う、お隣さんとの壁の間に生じたプライベートな場所になります。食事をする場所があったり静かに寛ぐ場所があったり、しています。下の写真では、右側の家の寛ぎ空間が見えます。左側の家はこちら側の壁にはほとんど窓がないことから、ここのスキマは、右側の家のためにあるようです。

細い路地でもあり、家の裏庭dもある建物のスキマ

ちょい旅では、食べ物を食べるのも楽しみの一つ。アメリカンな雰囲気の中で食べるランチはどんなものが良いかな?と、迷うのも、また楽しいです。テラス席がある気持ちの良いお店、ハワイ風の食事をだすお店、個性のある街は食事をするところも個性的なお店ばかり。

入ったのは、こんなお店。天井は屋根の裏がそのまま天井になっており、広がりがあって心地よい感じです。もちろん米軍住宅だけあって、小屋組はトラス構造となっています。トラス全体が合成梁になっているため、部材一つ一つは細い材料を使っています。壁の構造は見えませんでしたが、ツーバイフォーなのでしょうか?

トラスの小屋組を表している室内

頼んだのはメキシカンプレート。ドリンク付きで`1320円でした。ボリュームたっぷりで、おいしかったです。

お腹を満たしたところで、また街歩き、いろんな店を覗いてみます。下の写真からの店は、カリモクの家具を扱っているインテリアのセレクトショップ。カリモクブランドの普遍的なデザインの椅子が並んでいます。座ると流石、カリモクの家具、無駄のないフォルムなのに心地よく体を支えてくれます。「欲しいな〜」という気持ちはさておき、天井は先程、お昼を食べたお店と同様、屋根がそのまま天井になっています。仕上げは、合板のナチュラルな木のイメージで仕上げられています。シンプルな内部空間と、シンプルなカリモクの家具のフォルムがシンクロして心地よいです。

その他、さまざまな雑貨店などをみて、帰路につきます。帰り道の道すがら、気持ちのよい外部空間を見つけたので、ご覧ください。

曲がり屋の建物は外部空間が心地よい
妻側の窓の緑が映える
シンプルな妻壁に樹木のシルエットが浮かび上がる
スズナリの柚子
店舗ではない住居が連なっている
住居のバルコニー。物語が始まりそう
建物の隙間の路地にアーチがかかる
多分、後でできた日本の在来工法の2階建てだが、下見板ばりにするだけで馴染んでいる

かなや設計 環境建築家 金谷直政

2021.11.21 車で往復 160km 8時間

WAN AWORDS 2021 ファイナリスト入賞

英国の建築メディア WORLD ARCHITECTURE NEWS が主催するグローバルWANアワードの最終結果が発表され、かなや設計が墨田区内に設計した案が、Sustainable Design and Land Use「持続可能なデザインと土地利用」部門において、ファイナリストとして表彰されました。


同じ部門のファイナリストであるアメリカやドバイの巨大施設に比べ、小粒ながら(といっても、かなや設計の物件としては決して小粒ではないのですが)選ばれたことは、墨田区の身近な問題のなかにも世界と共有する課題があることを感じました。


WANアワードは「今年で13年目を迎えるこの賞は、世界中の革新的で先見性のある想像力豊かな建築家の傑出した作品を表彰するものです(主催者のホームページより)」というものです。


プロジェクトの内容は、下記の通りとなります。
Project Name : GOODWELL SHARE HOUSEProject start date : 2017.03.23Project completion date :2020.03.06Company Name : KANAYA SEKKEI, Tokyo, JapanIn the downtown area of Tokyo, where the proposal is located, old wooden houses are densely packed and the cityscape remains quaint because it did not burn due to the great earthquake of the last century and the great air raid of World War II. However, the earthquake and air raids have killed more than 200,000 people, so if a fire breaks out, great damage is expected. Therefore, in order to enhance disaster prevention capabilities, a well was dug and 10 tons of groundwater was pumped up and stored in a pond every day. The pond becomes a waterside landscape in daily life, and the overflowing water helps eliminate the heat island phenomenon and enhances the living environment. It uses the heat of groundwater to reduce utility costs and is a measure against global warming. Furthermore, it is useful for local disaster prevention as fire extinguishing water in the event of an earthquake and as domestic water after the earthquake. It is a modern well end that enriches people’s lives and protects their lives.

かなや設計 環境建築家 金谷直政

ちょい旅 鹿野山(かのうざん)

久しぶりにセローに跨り、遠出をしてみました。遠出といっても、お隣の千葉県ですが、

ただ、最近は全くセローで出かけていなかったので、リハビリ的なツーリングという気持ちで、ソフトに、マイルドに、優しい気持ちで行き先をを決めてみました。

鹿野山は、房総三山の一つとのことで、山頂からは、東京湾、富士山、三浦半島、富津岬、九十九谷(くじゅうくたに)が見えると、ネットでの事前情報を見たので、そんなに素晴らしい眺望が千葉にあるなんて、これは是非、行ってみなければと思い、ささっと準備をして千葉へと向かった。

スマホがフル充電ではなかったことが、気がかりでしたが、10時半頃出発しました。

行きは渋滞もなく、スムーズにセローをはしらせます。目的地に近づくにつれ、道幅が狭くなり、道路のセンターラインもない道を走ると、竹林が道路にはみ出したかと思うと、舗装も途切れ途切れの山道になったりと、気持ちの良い田舎道が続きます。

適度な悪路は、セローにとってのおもてなしのようなもの。心地よい鼓動を感じながら、進むと目的地に到着。

九十九谷展望公園からの景色は、折り重なるように続く緩やかな山の頂が見渡すことができる絶景でした。なんでも、かの有名な東山魁夷の出世作となる絵は、ここから見た景色だそうな!

バイクで訪れる人がちょくちょくあり、自分もその中の1人なのだと安心するような感覚を感じ、展望台を後にしました。

時間は12時を過ぎているので、お昼ご飯を食べようと向ったのは、田舎レストランじんべい、グーグルでは星4.2。

到着すると、田舎の農道の奥の立地ながら、沢山の車が停まっている。名前を書いて待つこと30分、ようやく着席し、オーダーをし。さらに待つこと30分、ようやく食べ始める。

後で、ホームページを見てわかったけど、今年に入って2度テレビに出ていたみたい。どうりで混んでいたわけです。そういえば、隣に座った男女の2人組が「テレビで映っていたのはどれ?」とか言っていました。

海鮮丼アジフライセット1680円(税抜き)!美味しくいただきました。

そのあと、小糸川温泉へ。茶色い色をしたお湯が特徴の温泉。日帰り入浴料800円。浴室は、それほど広くはなくて、カランも2箇所のこじんまりした温泉。湯船は暑くもなく、ぬるくもなくちょうど良い湯加減。窓から外をのぞくと、ススキがゆらゆらと風情のあるけしき。

ここで一句、

小糸川 ススキがゆれる 露天風呂

お湯は茶色くて、入るとぬるぬるとする特徴的なお湯。カランからも同じお湯が出ているせいか、洗い場の白い椅子に茶色い液体が付いていて、誰かのおもらしかと思いギョッとしてしまった。千葉では、こういった温泉が多いようだ。以前養老温泉に行った時も確か、こんな温泉だったような気がする。

ここは、立ち寄り湯と食事を出すだけの施設。湯上りの休憩スペースは、座敷とテーブルのスペースにそれぞれ座卓とテーブルが5つづつゆったりとおいてあります。座敷のスペースには、地元と思しきお母さまが3人地元の言葉で話をしている。声の大きい奥様が横になりながら話続て聞き役の一人で延々と話をし、もう一人は黙って聞いている平和な時間。

その他、2組くらいがのんびりと寛いでいてとても気持ちの良い時間が流れています。帰りのことを気にしなければ自分も、のんびりしてしまいそう。

帰りの時間もあるので後ろ髪をひかれながらセローにまたがり、家路につきます。途中、市原サービスエリアに立ち寄り、お土産に巨大なちくわを買い、無料の温かいお茶を飲んでふと見ると、「当店限定、勝浦タンタンメンバーガー550円」なるものを発見。こちらもお土産に購入。

さて、ココからの帰り道は、いつもは車だと、渋滞して大変。だけど今日はバイク、しかもハンドル切れ角がたっぷりのセロー!車の間をスイスイと進む。渋滞している中、大体40~50キロで東京へ向かう。

往きも還りも順調な道のりであったが、ココで思わぬことが起こってしまった!

出かけるとき、スマホの充電が少なかったことが気になっていたが、やはり、ここにきて充電が切れた。いつもは車でナビがナビしてくれるので、道に迷うことはほぼないのだが、バイクはスマホをタンクバックに入れ、グーグルマップで方向を確認していたのだが、そのグーグル様がお亡くなりになって、おじさんが独り立ちしなければならない状況になってしまった。

案の定、高速の分岐を間違え、何故か外環自動車道へ向かう方に行ってしまった。高速を降りて、周りの車で足立ナンバーが居ればその車についていこうと思い、見てみると京都ナンバーだったりして、「京都なら、ココから見れば東京方面かな?」と思いつつ、これは役に立たないなと思い。標識を頼りにまた、高速に戻り何とか四ツ木インターに到着。

家に着いて、お風呂にバブを入れてホッとしました。

走行距離220km。時間8時間でした。

2021.11.14

京島の震災シミュレーション

もし、関東大震災級の地震が起こったら、京島はどうなるのでしょう?

前回のブログでは、現代のける都市の直下型地震ということから、阪神・淡路大震災を参考に、約8割(83%)の人が頭部損傷・内臓損傷・頚部損傷・窒息・外相性ショック等で死ぬだろうと考えられます。

つまりほとんどの人が建物や家具の下敷きとなって亡くなるようです。震災のイメージとして、関東大震災において多くの人が焼死したことや、阪神・淡路大震災の際の映像で木造の建物が燃えていた映像を見た記憶から、火災による焼死のイメージが大きいかもしれませんが、現代の都市部においては震災時の死因のほとんどは、建物や家具の下敷きになって死ぬことになります。

2階建ての建物と、3階建ての建物の場合の倒壊の様子がわかる映像がありますので、ご覧ください。

これは、神戸のEディフェンスという政府の実験施設において、大きな床の上に実際の建物を再現し、巨大地震と同じ揺れを再現した実験になります。

2階床に押しつぶされる?!

まずは、2階建ての建物の倒壊の様子です。この映像の右側の建物が、昭和56年以前の基準で建てられた建物です。左は、同じ建物を若干補強したものになります。

この映像を見て、自分が1階にいた時のことを想像してみてください。1階部分が、あっという間に崩れています。「地震が来たら机やテーブルの下に入りなさい」と言われ、そのように行動したとしても机の上に建物の2階部分が崩れてきて、もろともに押しつぶされることになってしまいます。

逃げる間もなく、建物の下敷きになってしまいます。運よく頭部の損傷を免れ一命をとりとめていた場合でも、胸部が圧迫され呼吸ができなく次第に窒息死すると言われています。

また、窒息しなかった場合でも、救助に来てくれる人がいるとは限りません。あちこちで倒壊した建物に阻まれ救助隊はなかなか来てくれないでしょうし、他の場所でも同じように救助を待つ人の救助の順番を待たなければ助けてもらうことはできないのです。

そうこうしているうちに、震災後に発生した火災による炎がせまり、焼死することになるのです。阪神・淡路大震災の際には、死者行方不明者6434名のうち12.8%が焼死と言われています。約800人の方はそのようにして亡くなったのでしょう。

3階建ての場合の実験も行っていますので、ご覧ください。

やはり、1階がつぶれています。地面に対して2階の床が平行に迫ってくるので1階と2階の床に挟まれて挟まれると想像できるでしょう。

災害の被害が想定できれば、その対策は、どうすれば良いのでしょうか?

有効な方法の一つは、建物の耐震性を高めることです。Eディフェンスの実験で崩れている建物は、耐震性が弱いから崩れているのです。

安心な耐震レベルは耐震等級2か3!

では、どの程度の耐震性であれば安全なのでしょうか?一応安全と言われているのは、現行の建築基準法のレベルと言えますが、これは耐震等級1というレベルです。

しかし、熊本地震では、このレベルの建物でも倒壊しています。たとえ倒壊しなかったとしても、大破や中破など大きな被害を受けている事例は多く、その後住み続けることは困難になっています。

必要な耐震のレベルは耐震等級2、本当に安心なのは耐震等級3になります。

かなや設計 環境建築家 金谷直政

2021.11.13